小売業各社のSNS施策をまとめてみた 2018夏(1)〜コンビニ・100円均・ディスカウントストア編〜

夏休み特別企画として、小売業のSNS活用状況を調査し、まとめてみたところ、業態・企業ごとに特徴が見えてきました。第1回目となる今回はコンビニ、100均、ディスカウントストアを特集します。それぞれどのようにSNSを活用しているでしょうか。(フォロワー数等は2018年7月末のもの)

YouTubeでのレシピ動画の配信がユニークなセブン-イレブン


セブン-イレブンのLINE公式アカウントのフォロワー数は約110万人で、プライベートブランドや店頭でのコーヒーの割引クーポンを配信しています。Facebookのフォロワー数は約90万人、Twitterのフォロワーは約310人で、商品情報の発信が主な内容となっています。Instagramはフォロワー数約16万人ですが、商品画像は特に工夫がされている感じはなく、訴求効果に薄いように感じられました。

その他のSNSとしてはYouTubeを展開しており、セブンイレブンの食材を使った簡単料理のレシピを公開しています。

アプリは店頭で使えるクーポンやポイントの配信。ネット通販はオムニチャネルを推奨するセブンイレブンらしく、DVDや書籍などのコンテンツを販売する7ネット、お弁当をはじめとする食品を扱う7-11ネットを展開しています。

YouTubeのレシピ動画は、「レディミールはコンビニ、食材はスーパー」からコンビニワンストップで夕飯準備が叶うという手軽さを提供するという点でユニークです。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト http://www.sej.co.jp
LINE セブンネット公式アカウントあり
フォロワー数約110万人
Facebook https://www.facebook.com/711.SEJ/
フォロワー数約90万人
Twitter @711SEJ
フォロワー数約310万人
Instagram seven_eleven_japan
フォロワー数約16万人
その他のSNS Youtube
アプリ あり(クーポン、ポイント)
ネット通販 https://7net.omni7.jp/top
https://7-11net.omni7.jp/top
ネットスーパー なし

特定商品キャラクター化で親しみのある情報発信するファミリーマート


ファミリーマートのLINE公式アカウントはフォロワー数が約155万人。Facebookのフォロワー数は約56万人です。

Twitterのアカウントは、フォロワー数約126万人で、主に商品情報を発信している公式アカウントと、ファミリーマートの人気商品「ファミチキ」をキャラクター化したファミチキ先輩アカウント(フォロワー数が約30万人)の2アカウント。Instagramは人気商品「フラッペ」に特化したアカウントを展開しています。

ファミリーマートのフラッペのインスタグラムアカウント。

ほかにもYouTubeで、「ファミコレ」を用いた時短レシピを紹介するなど、SNSでの情報発信を積極的に行っています。ネット通販は、ギフト販売のほか、彩ダイニングというサイトで食事制限を必要とする方向けのお弁当販売を展開。

ファミチキやフラッペなど、特定の商品をうまくキャラクター化し、認知度を高めていこうとする意図がうかがえました。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト http://www.family.co.jp
LINE ファミリーマート公式アカウントあり
フォロワー数約155万人
Facebook https://www.facebook.com/familymart.japan/
フォロワー数約56万人
Twitter @famima_now
フォロワー数約126万人
@famichikisenpai
約30万人
Instagram familymart_frappe
フォロワー数約1,650人
その他のSNS Youtube
アプリ あり(ポイント、新商品情報、キャンペーン情報)
ネット通販 https://gift.famima-net.jp
http://www.irodori-dining.com
ネットスーパー なし

AIキャラクター「あきこちゃん」がSNSの主役 ローソン

ローソンではローソンクルーの「あきこちゃん」をシンボルキャラクターにSNSを展開しています。
フォロワー数約250万人のLINE公式アカウントでは、一方的に商品情報等を配信するだけでなく、AIあきこちゃんとの会話を楽しむことができます。Facebookはフォロワー数61万人、Twitterは約327万人、Instagramは約21万人とフォロワー数も多く、強力な情報発信ツールとなっているようです。

このほかに、YouTubeやInstagramで商品情報を発信中。
また、アプリから注文した生鮮食品を店舗で受け取る「フレッシュピック」というサービスを展開し、アプリとコンビニを併用することでスーパーのような買物ができる方法を提案しています。

独自のキャラクターを据え、一方的な情報配信ではなくAIによる双方向コミュニケーションを実現している点で、消費者のほうを向いている印象があります。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト https://www.lawson.co.jp/index.html
LINE ローソン公式アカウントあり
フォロワー数約250万人
Facebook https://www.facebook.com/lawson.fanpage/
フォロワー数約61万人
Twitter @akiko_lawson
フォロワー数約327万人
Instagram akiko_lawson
フォロワー数約21万人
その他のSNS YoutubePinterest
アプリ あり
(ローソンアプリ
フレッシュピック(生鮮物をアプリで注文、店舗でピックアップ))
ネット通販 https://www.lawson.co.jp/service/gift/lsg/
ネットスーパー なし

Twitterアカウント開設2週でフォロワー1万3000人、コアなファンつかむセイコーマート

大手3社のコンビニに比べ、SNSの活用があまり目立っていなかったセイコーマート。唯一運営していたFacebookはフォロワー数約4,000人と小規模ですが、商品情報だけでなく、拠点の北海道を中心とするローカルイベントや地域密着型の情報を提供し、コアなファンをつかんでいました。

2018年7月にTwitterアカウントを開設。フォロワーは約1万4000と一気に増えました。「セコマ」という呼び名で北海道以外の地域にもファンがいるセイコーマート、フォロワー数は他のコンビニにはまだ及びませんが、今後の情報発信の展開によっては人気が出そう。

アカウント開設時のツイートには1万以上のいいねがついた。

アプリには会員証機能や、クーポン、店舗検索機能があります。ネット通販は地元北海道の食品やスイーツ、酒類などを扱っており、ギフトとしても喜ばれる商品展開。
SNSでの自己発信よりも、北海道という地域に密着した実店舗としての強みを高めることに注力している印象です。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト https://www.seicomart.co.jp
LINE なし
Facebook https://www.facebook.com/Seicomart.official/
フォロワー数約4,000人
Twitter @Seicomart_TW 
フォロワー数約1万4,000人
Instagram なし
その他のSNS なし
アプリ あり(会員証、クーポン、店舗検索)
ネット通販 https://online.seicomart.co.jp
ネットスーパー なし

ハッシュタグでお客が情報発信するダイソー

ダイソーは、LINE公式アカウントのフォロワー数が約35,000人、Facebookのフォロワー数約76,000人、Twitter約3万人で、Instagramは約68万人です。

いずれも商品紹介を主な内容としており、商品の便利な使い方やおしゃれなコーディネートを提案するといった投稿はありません。

ダイソーではネット通販を展開していますが、1アイテム500個以上の大量注文のみ扱っており、送料は無料です。

ダイソーはこのように自己発信にはあまり注力していませんが、FacebookやInstagramなど、各SNS上でハッシュタグで取り上げられる件数が非常に多く、意図せず他者発信されているようです。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト https://www.daiso-sangyo.co.jp
LINE ダイソー公式アカウントあり
フォロワー数約35,000人
Facebook https://www.facebook.com/daisosangyo/
フォロワー数約76,000人
Twitter @daiso_sns 
フォロワー数約3万人
Instagram daiso_official 
フォロワー数約68万人
その他のSNS なし
アプリ なし
ネット通販 https://www.daiso-sangyo.co.jp/volume

自社からの情報発信ゼロ、にもかかわらずハッシュタグで盛り上がるセリア

セリアはLINE、FacebookなどSNSによる自己発信はしていません。ネット通販も行っていないため、プロモーションの場は実店舗のみとなります。

しかしながら、例えばInstagramで「セリア」を検索すると、「収納」「リメイク」「ネイル」「コスメ」など、関連ハッシュタグが次々ヒットします。

TwitterやFacebookでも同様に、セリアに関連するハッシュタグは非常に多く見られます。近年、DIYブームや100均商品のリメイク術が話題となっていることと、セリアはおしゃれな商品が多いため、このように自社SNSを持たなくても注目されるのではないかと思われます。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト https://www.seria-group.com
LINE なし
Facebook なし
Twitter なし
Instagram なし
その他のSNS なし
アプリ なし
ネット通販 なし

SNS上のコラボも実現 キャンドゥ

キャンドゥは、店舗ごとにLINE公式アカウントを運営し、情報を自己発信しています。

新商品情報やワークショップ・イベント情報を配信するTwitterのフォロワー数は約3,000人。商品情報を発信するInstagramのフォロワー数は約38万人。

特にInstagramは、他100円ショップやコンビニ、スーパーに比べてとてもおしゃれなイメージで、「こういう使い方があるのか」「こうして使えば100均とは思えない」といった驚きや気づきを提案しています。

キャンドゥは、Instagramなどで人気のハリネズミ「あずき」や、猫の「すずめ」、柴犬の「MARU」など、人気インスタグラマーとのコラボレーションも次々展開しており、アニマルファンからの注目も集めています。公式サイト上では商品を使ったクラフトレシピも公開しており、自社商品の活用方法を紹介。他100円ショップよりも情報発信に積極的な印象です。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト https://www.cando-web.co.jp
LINE 店舗ごと公式アカウントあり
Facebook なし
Twitter @cando_official
フォロワー数約3,000人
Instagram cando_official 
フォロワー数約38万人
その他のSNS なし
アプリ なし
ネット通販 https://ec.cando-web.co.jp
ネットスーパー なし

お客様とSNSで交流し、話題性を意識するドン・キホーテ

ドン・キホーテは、店舗ごとLINEの公式アカウントを所有し、クーポンの配信などを行っています。また、フォロワー数約3万人のFacebookを運営。季節商品や新商品情報を提供しています。Twitterのフォロワー数は約14万人で、内容は主に店頭からのおすすめ商品の画像投稿です。

2017年7月ごろには「#ドンキさん への人生相談」が話題となりました。店舗からの一方通行な情報提供ではなく、ファンとの交流も大なっています。

ドン・キホーテは商品の陳列方法や商品の話題性などフォトジェニックなポイントが多く、自社SNS以外でのハッシュタグ投稿も多く見られます。Twitterでのファンとのコミュニケーションなど、話題性を意識したドン・キホーテらしい展開といえます。

■SNSアウトライン

企業ウェブサイト http://www.donki.com
LINE 店舗ごと公式アカウントあり
Facebook https://www.facebook.com/donki.jp/
フォロワー数約2万人
Twitter @donki_donki
フォロワー数約14万人
Instagram なし
その他のSNS なし
アプリ あり(電子マネーアプリ)
ネット通販 なし
ネットスーパー なし

まとめ

  • コンビニはSNSの活用に非常に積極的で、フォロワー数も多い。多彩に使いこなす。
  • 100円ショップは自社SNSでの発信よりも、SNS上のハッシュタグが盛り上がっている傾向。
  • 店舗からの一方的な情報提供ではなく、企業とファンのコミュニケーションの場としてSNSを活用する事例も。

「自分好み」が届く!?ギルトフリーなおやつのサブスクBOX

今回、「新しい売り方」調査隊!で取り上げるのは、snaq.me(スナックミー)の「おやつの定期購入サービス」です。「おやつを食べたいけど、でも…」という罪悪感を取り除く、ギルトフリーな同社のおやつ購入サービスは、アンケートに答えることで自分好みのおやつが届く、というユニークなもの。snaq.meの「スナックサブスクリプションBOX」を試してみました。(ライター:宮原智子)

「食べたい…でも」がなくなるギルトフリーなおやつ

仕事でストレスにさらされたり、
昼下がりに小腹がすいたり、
育児疲れでほっとひと息つきたかったり。

わたしたちはさまざまなシーンで「おやつ」を食べたくなることがあります。

けれども、おやつの食べすぎは体に悪いのではないか、カロリーを過剰摂取しすぎて太るのではないか。そうした罪悪感を抱えながら今日もおやつを食べている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

今回「新しい売り方」調査隊!で取り上げるのは、「ギルトフリー」をコンセプトとするsnaq.meの「ギルトフリースナックの定期購入サービス」です。

「自分好み」が届く、おやつの定期購入

snaq.me(スナックミー)のコンセプト「ギルトフリー」とは、食べても罪悪感(guilt: ギルト)を感じない、という意味。人工着色料や香料、保存料、精製した白砂糖やマーガリンなどは不使用で、子どものおやつにも安心です。snaq.meでは、そうした安心・安全なおやつを定期的に届けるサービスを提供しています。

ユニークなのは、会員登録時にサイト上でアンケートに答えることで、「自分好み」のおやつを選択してくれるところ。毎月新商品が生まれており、現在その数150種以上、実に1800億とおりもの組み合わせがあるのだそうです。

snaq.meのおやつ定期購入サービスを試してみた

1.トップページから「snaq.meを始める」をクリックします。

わくわく感をかき立てるsnaq.meのトップページ

2.設問に沿ってアンケートに答えます。「おやつを食べる時間帯」「おやつを食べる頻度」「アレルギー」「年齢」など、設問は全部で10問ほど。

クリック1つで答えていける気軽な設問ばかり。

3.次に、味覚や食感の好みについて答えていきます。味の好みなどを登録せず、完全にsnaq.meにおやつのチョイスを任せたい場合は、この工程をスキップすることもできます。

クッキー、パウンドケーキ、ドライフルーツなど画像つきで表示されるので、味をイメージしながら答えることができます。

4.ここまでのアンケートデータをもとに、snaq.meがおやつを選んでくれました。さっそく注文。ちなみに、おやつは注文後に変更・キャンセルすることも可能です。

「へー、なるほど」と思いながら、選ばれたおやつを眺めるのもまた楽し。

ほんとうに「自分好み」が届くのか

スリムなパッケージで届きます。

そうして届いたのがこちら。
パッケージがナチュラル素材感を出していて、開けるのが楽しみ!

中身は「手作りグラノーラ黒糖くるみ」「レモンソルトミックスナッツ」など8種で、アンケートでグラノーラ系、ナッツ系、クッキー系を好みとして登録したわたしとしては満足の内容。いただいてみると、自然な甘みを感じる食べ疲れや食べ飽きることのない味わいでした。

マイページからは、味の好みをカスタマイズしたり、商品リクエストすることができます。発送頻度を変更することも可能。

なお、注文と同時に生成されるマイページでは、届いた商品の評価や、最初に答えた好き嫌いの登録変更、おやつのリクエストをすることができるので、購入を重ねて評価をする、こまめに好き嫌いをカスタマイズすることで、好みにあったおやつが届く精度が上がります。

コンビニスイーツと変わらない価格帯、でもギルトフリー

「クランベリー&アーモンドクッキー」は、ベリーの酸味とナッツの香ばしさが程よい、満足感のある一品でした。

snaq.meの「ギルトフリースナックの定期購入サービス」は、1回1,706円(税込・送料無料)。8種類のおやつが入っているので、1つあたりのお値段は約213円です。内容量は1パック15g〜35g。おやつの種類によって異なりますが、クッキーだと4〜8枚。コンビニでオリジナルスイーツを購入するのと同価格帯で安心して食べられるおやつが届くと思うと、わたしは納得のお値段、と思いました。

パッケージのデザインがシンプルでかわいらしいので、ギフトにもおすすめ。

ところで、お菓子は量のわりにかさばるため、お取り寄せをしようとすると一般的に「送料が高い」のが悩みのタネだったりします。しかし、snaq.meではBOXのサイズをポストに投函できる大きさにすることで送料問題を解決。全国一律送料無料を実現し、利用者の心理的障壁を取り除いているのだそう。

まとめ

今後、少子化で購買率が低下していくといわれている中で、こうした「安心・安全」を提供する商品は、消費者側から見ても分かりやすい「差別化」の一例です。ギルトフリーというコンセプトを明確にし、子どもや妊婦さん、健康が気になりはじめた社会人にターゲットを絞ることで、訴求効果を上げるsnaq.me。何よりも、健康管理というストイックなイメージを、「テクノロジー×おやつ」でワクワク感のあるものに変えていくという姿勢がユニークに感じました。

あらかじめカゴに食材が入っているのはかなり便利!

今回「新しい売り方」調査隊!で取り上げるのは、食材宅配Oisixの定期宅配サービス「おいしっくすくらぶ KitOisix献立コース」。このコースの特徴は、旬の野菜やおすすめ食材が6~12品前後入った定期ボックスに、ミールセット 「KitOisix」が含まれているところ。全国の悩める主婦(主夫)を「今夜の晩ごはん」問題から救うかもしれない、Oisixの「売り方」を試してみました。(ライター:宮原智子)

主婦(主夫)にとって重い「今夜の晩御飯問題」を解決

「今夜の晩ごはん、何にしようかな」

この言葉に、日々どれだけ多くの主婦(主夫)が苦しめられていることでしょう。
せわしない1日を過ごしたあと、最後の締めくくりとして立ちはだかるのが、「今夜の晩ごはん」問題です。

それなりに栄養バランスのよい献立を考えて、スーパーで買い物をして、帰宅をすれば間髪入れずに晩ごはんのしたくに取り掛かる。この工程が楽になれば、どれだけの人がハッピーになることでしょう。

そこで今回、「新しい売り方」調査隊!で取り上げるのが、食材宅配Oisixの定期宅配サービス「おいしっくすくらぶ KitOisix献立コース」。全国の悩める主婦(主夫)を「今夜の晩ごはん」問題から救うかもしれない、Oisixの「売り方」を試してみました。

調理の手間を省いてプロの味を楽しめる

こだわりの安心安全食材を届けるOisixの宅配サービス。「おいしっくすくらぶ KitOisix献立コース」には、旬の野菜やおすすめ食材が定期的に届けられる定期ボックスに、食材とレシピがセットになったKitOisix(ミールセット)が入っています。

コースの概要は以下のとおり。
・ 下処理や洗い物の手間が少なくなるように、食材はほぼ切った状態で届くので、包丁はほとんど使いません。
・ 著名な料理研究家や専属の栄養士がレシピを監修しているため、味付けや栄養バランスも任せて安心です。
・ Oisixのこだわり食材を使うので、安心安全・素材の味が生きています。
・ メニューはなんと、年間350種!子どもから高齢の方まで、シーンに応じたメニューが選べます。
・ 20分で2品完成!

この時点でもう、期待しかありません。

「おいしっくすくらぶ KitOisix献立コース」を使ってみた

1.Oisixに登録したら、「My アカウント」から会員登録情報、「定期ボックスの基本設定」を選びます。

赤枠の「定期ボックスの基本設定」をクリックします。

2.コース選択画面で、「KitOisix 献立コース」にコース変更します。ご家族の人数にあわせて2人前・3人前の分量を選んでください。

お値段は、2人前 5,300円前後、3人前6,000円前後。

3.早速カートの中を確認すると、翌週届く予定の定期ボックスの食材とKitOisixがあらかじめ入っています。後述しますが、ここがOisixの「売り方」のポイントです。

カートを開くと、今週のおすすめ食材がすでに入っています。

4.カートの中の食材がすでに冷蔵庫の中にあったり、ほかに商品を追加したい場合は、単品購入やカートの中身の削除を行うことができます。付け合わせにお野菜をプラスしたい時にはこちらから。もちろん、KitOisixを追加することも可能です。

カートの中身を削除したり、買いたい食材を追加したりが自在に。

5.お買い物が終わったら、注文・確認ページにすすみ、お会計をします。ここで、配達日時を選ぶことができます。以上で注文完了です。

あっという間に注文が完了します。

サイトの画像がキレイだからつくってみたくなる

お料理のサムネイルがとにかくおしゃれ!インスタ映えしそうですね。

Oisixのサイトは、他の食材宅配サービスに比べて、使用されている画像が頭ひとつ垢抜けている印象。KitOisixのサムネイル画像を見ると、「美味しそう」「つくってみたい!」という気にさせられてしまうのです。

「インスタ映えしそうな商品だな」と思わせるところに勝機があるのは、こうした食材宅配サービスも例外ではないのかもしれません。

他社との違いは「選ぶ楽しみがある」豊富なメニュー

年間350種類をラインナップ。

生協やらでぃっしゅぼーや、ヨシケイなど、ミールセットを宅配してくれるサービスは他にもさまざまありますが、「おいしっくすくらぶ KitOisix献立コース」は他社と比較してとにかくメニューが豊富。
和・洋・中から、キッズメニュー、本格シェフメニュー、デイリーメニューなど、メニューの選択の幅がとにかく広いのです。

リピートしたくなるメニューも、試してみたくなる新商品も、毎週ページを開くたびにわくわくできる「選ぶ楽しみ」があるので、飽くことなく食卓を彩ることができます。

定期ボックスは買う側・売る側双方にメリットが。

上記の利用手順の中でご紹介したように、Oisixは買い物をスタートする時点ですでに、カートの中に食材が入っています。つまり、スーパーで買い物かごを手にとった時点で、本日のおすすめ食材がすでにかごの中に入っている状態、というわけ。

勝手に買い物かごに食材を入れられちゃうの!?と思いきや、これがなかなかどうして。普段自分では選ばない食材をオファーされると、「これで主菜・副菜をつくってみよう」「新しいメニューにチャレンジしてみよう」などと考えてみるものです。最近は便利なアプリでレシピが簡単に検索できますしね。

その結果、食材は余すところなく使い切り。そして、食材を起点として料理のメニューを考えられるので、つくる側にとっても献立をゼロから考える必要はありません。また、カートの中身を見てレシピを思いついたら、ついでに食材を買い足すこともできます。何より、売る側にとっても「売りたいもの」を確実に売ることができるという、買う側・売る側双方にメリットがあります。

20分で2品、誰でもプロの味わいを再現できる

KitOisixのパックには、お料理の手順を詳細に紹介したレシピが。初めてのメニューでも簡単!

いくらこうしたミールセットを使っても、たった20分で2品を仕上げることができるのか、試してみたくなるのが人間というものです。セットの封を開けると、中身はこんなふう。野菜はカットされた状態、お肉は味付けされた状態でパックされています。これ、鮮度を保つための特殊な技術を用いているのだとか。

誰でも簡単にインスタ映えするお料理をつくることができます。

調理の手順は写真付きで詳しく書かれているので、普段料理をし慣れない方や、このレシピに初めて挑戦するという人でも安心。すでにカットされている、味付けされている食材をフライパンやお鍋にポンポンと入れればあっという間に完成します。うん、確かに所要時間20分程度でした。できがあったのがコチラ。お肉が柔らかくて、とっても美味しい(これ重要!)

なお、「おいしっくすくらぶ KitOisix献立コース」のお値段は、以下のとおり。

◎KitOisix2人前+旬の食材6~12品前後 5,300円(税抜)前後

◎KitOisix3人前+旬の食材6~12品前後 6,000円(税抜)前後

1ヶ月(4週間)分の食費に換算すると2人家庭で21,200円という計算。お米や肉類などは別途購入する必要があるので、トータルすると少々お高い印象です。ですが、「注文すれば届けてくれる」「KitOisixで1食分はらくらくお料理できる」「安全な食材が手に入る」などの付加価値を考えると、妥当なお値段なのかも知れません。

まとめ

女性の社会進出に伴い、家事負担を軽減できる商品のニーズが高まっています。
今回KitOisixを利用してみましたが、「献立を考えなくてもいい」「冷蔵庫に材料が揃っている」「どんなメニューも封を開ければ20分でできあがり」という手軽さと安心感たるや、感動を覚えるほど。
封を切って、あとは煮たり焼いたり炒めたりするだけといえど、自分の手でつくっている感があるので、家事を外注したりできあいのお惣菜を買ってきたときのような罪悪感がないのですよね。
KitOisixは週替わりで新メニューが登場するのも嬉しい要素。「忙しいけど、栄養のバランスを考えながら、家族にいろいろなお料理をつくってあげたい」と考える主婦(主夫)にこそ、使って欲しい商品でした。