NFI定例セミナー「マーチャンダイジングの設計図 商品構成と商品分類の研究 ほか」(2024/3/27 13:00~16:00)開催ご案内(リアル・リモート)

今回のテーマは、「マーチャンダイジングの設計図商品構成と商品分類の研究」です。狭小商圏時代の小売業の最大の経営テーマは、「機会損失対策」「生産性向上」「店頭起点の需要創造」です。この3つの経営対策に直結する技術である「商品構成」と「商品分類」の原則と活用法を解説します。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Hatena

2024年3月定例セミナーは、「リアル」と「リモート」の併用セミナーとします。

今回のテーマは、「マーチャンダイジングの設計図 商品構成と商品分類の研究」です。

狭小商圏時代の小売業の最大の経営テーマは、「機会損失対策」「生産性向上」「店頭起点の需要創造」です。この3つの経営対策に直結する技術である「商品構成」と「商品分類」の原則と活用法を解説します。

商品分類を売場で具現化する技術である「売場レイアウト」の原則も解説します。また、月刊MDで取材・調査した最新の売場レイアウトの事例も解説します。

※座席数が限られているため、リアルでの参加の方は先着順とさせて頂きます。

開催概要

・開催日:2024年3月27日(水) 13:00~16:00(会場受付開始:12:30)
※昼食は各自お済ませの上ご来場下さい。
※セミナー開催中の途中入場はお断りします。
※リモートでの途中退席は申込責任者に報告します。

・会場:エッサム神田ホール1号館7階(701)(※案内図をご参照ください)
・実施方法:リアルとZOOMによるリモートセミナー
(ZOOMセミナーアクセス方法はお申込み者様にのみご案内いたします)
・料金:20,000円(税別・1名様)
(※ニューフォーマット研究会会員企業様には会員価格でのご案内になります)
・申し込み締め切り:2024年3月18日(月)

スケジュール

[第1講座]
「商品構成」と「商品分類」の原則

[13時~14時30分頃]

NFI代表取締役 日野 眞克

(1)機会損失を防ぐ商品構成の原則
(2)需要創造を実現する商品分類の原則
(3)商品分類の設計図・売場レイアウトの原則 等

[第2講座]
最新売場レイアウト研究

[14時40分頃~16時00分頃]

月刊『マーチャンダイジング』編集長 野間口 司郎

(1)ショートタイムとワンストップを両立する売場レイアウト原則
(2)狭小商圏時代の最新売場レイアウトの特徴
(3)最新フード&ドラッグの売場レイアウト研究 等

※講演時間は予定よりも短くなることも長くなることもあります。

会場案内図

会場詳細

〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
エッサム神田ホール1号館7階(701)
URL:https://www.essam.co.jp/hall/access/#access_1

【アクセス】
●JRでお越しの方
神田駅東口より徒歩1分
●東京メトロ銀座線でお越しの方
神田駅3番出口より徒歩0分

注意事項

①会場へお越しの方は開催会場をご確認の上、お間違えの無いようご注意ください。
アーカイブ動画の配信はいたしません。当日参加でのみセミナーのご受講が可能です。
(配信の不備等によりご視聴頂けなかった場合には、後日動画のご案内をいたします。)

③リモートの場合はZOOMウェビナー形式で行います。3月22日(金)までに、お申込書に記載された受講者のメールアドレス宛に受講用URLを記載したメールを送付いたします。

お申込みフォーム

・お申込みは以下のお申込みフォームからお願いいたします。お申込み受付後、お申込み確認メールをお送りします。また、ご請求先として記入いただいた方宛に、請求書を発送させていただきます。
・ご入金後は、理由の如何に関わらず返金は致しません。あらかじめご了承ください。

申し込みフォーム