流通用語集

トレードマーケティングTrade Marketing

小売業の店頭起点で行うマーケティングのこと。

かつてのマーケティング手法といえばブランドマーケティングであり、そのターゲットは消費者であった。消費者の心をつかむような価値を生み出すために、一貫したブランディングを行っていた。

しかし1980年代以降の過当競争の中、まず店頭に商品が並ぶことが重要という考えから、
メーカーは小売業を単に流通経路のひとつとして見るのではなく、顧客ととらえてきちんとマーケティングを行うようになってきている。

とはいえ、ブランドマーケティングは現在においても欠かすことはできない。
ブランドマーケティングとトレードマーケティングは、メーカーのマーケティング活動において、「車の両輪」のようなものである。
どちらか一方が欠けてもマーケティングは成り立たないと考えられていて、小売業と協働しながらブランド政策を行うことが一般的になっている。

トレードマーケティングの内容は主に3つ挙げられる。
・サプライチェーンの効率化(一連の流通プロセスを効率化する)
・ショッパーリサーチ(顧客の購買行動を調査)
・マイクロマーケティング(商圏の特性や顧客の年齢層など、市場を細分化して分析)

関連
参照
豊富な用例満載 流通用語集
定期購読のご案内