流通用語集

帳合ちょうあい

自社内や、取引先や銀行などと現金や商品を台帳と照合したりして確認すること。

また、小売業と主に卸売業者の間に口座が開かれていることも、帳合といわれる。帳合取引とは、小売業者の仕入れ先に、ある特定の卸売業者が決定していることをいう。

 

昔から流通用語においては「帳簿を合わせる」という意味で使われる。

メーカーが小売に直取する場合を除いて、小売業で売られているメーカーの商品がどこの「卸」を通して配送・販売するかの権利を帳合という。販売権。

例)メーカー「うちの商品は、○○さん(卸)の帳合ですよ。」

  小売業「このメーカーの商品は、どこの卸さんが帳合でしょうか?」

  卸「この商品はウチの卸の帳合商品だから。」

関連
参照
豊富な用例満載 流通用語集
定期購読のご案内