流通用語集

ラックジョバーRack Jobber

アメリカで生まれた卸売業(問屋)の機能のひとつ。カテゴリーベンダーともいう。
ある特定のカテゴリーに関して、陳列棚や商品群単位で商品構成や売り方、補充、発注などを小売業に代わって行う専門業者のこと。売場貸しともいう。

小売業において、ラインロビングは重要な対策であるが、その場合、すべてのカテゴリーを自社で維持管理するのはリスクが大きく時間もかかる。そのためSKU数が多い商品や季節による入れ替えが激しい商品は、専門業者に任せる方が得策という場合もある。

売場貸しによってラインロビングした方が、商品の入れ替えがしっかりできて消費者のためにもいい。アメリカでは、スーパーマーケットのグリーティングカード売場やドラッグストアの軽衣料売場に導入しているケースが多い。

関連
参照
豊富な用例満載 流通用語集
定期購読のご案内